マイナンバーをBPOが管理

マイナンバーをBPOが管理

マイナンバーついて説明します。日本に住んでいる人たち1人1人が持つ12桁の番号の事です。
この番号の取得により、行政や地方公共団体が時間をかけていた業務が短時間で終わる、行政の効率化があります。それと国民の利便性の向上が」あり、国民が行政に出さなければいけない書類の手間が省けたりします。

そして公正で公平な社会の実現が3つ目の狙いです。

これは税金の支払いを免れたり、生活保護などの支援を潤滑に行います。

次いで、BPOに触れていきます。BPOとはビジネスプロセスアウトソーシングの略です。
ひとつの会社の業務をよその会社に委託するビジネスです。


人材派遣のアウトソーシングなど、他との違いは設計や開発、人材に至るまで委託出来るのがBPOの強みです。

欧米に比べて日本には馴染みが薄いようですが、拡大傾向にあります。

マイナンバーのBPOの有益な情報の紹介です。

マイナンバーを企業に代わり、収集する業務を行っているBPOがあります。

livedoorニュースの口コミや評判を紹介しています。

従業員や顧客のマイナンバーを収集するとなると、大企業程、時間がかかります。

そこでBPOが情報の収集を請け負います。


登録からセキュリティーの管理、情報の廃棄などが業務になります。マイナンバーの本格的な制度になるには平成28年1月からです。

平成27年10月には日本に住民票のある人達全員に対して12桁の番号がつきます。



平成29年1月から税金関係と雇用保険関係を把握するのに使われます。

平成29年7月からは地方自治体と国が情報を共有します。

まだ検討中ではありますが、平成30年10月には民間利用の予定があります。